水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

ダイヤSPRクリアプライマ-で下屋根塗装 積水ハウス/ひたちなか市


ひたちなか市堀口、積水ハウスのお宅の1階下屋根の

 

下地調整塗装から無機塗装下塗り作業、

 

縁切り材タスペ-サ-装着作業等になります。

◎1階下屋根 下地調整

before ミラクシ-ラ-EPO
after ミラクシ-ラ-EPO

写真は施工前~下地調整塗装1工程目になります。

 

今回、工事前の屋根の状況は、色がない部分は、苔が群生してました。

 

工事当初の高圧洗浄作業で、苔を高圧で除去したところ、塗膜が一緒に

 

剥がれ落ちました。想定外の状況になりましたが、責任施工ですので、

 

無機塗装の下塗りまでは、当社負担の作業になります。塗膜のない部分が、

 

被膜するまで、エスケ-化研㈱2液型弱溶剤マイルドシ-ラ-EPOで

 

塗り込んでいきます。

before ミラクシ-ラ-EPO
after ミラクシ-ラ-EPO

下地調整塗装1工程目~下地調整塗装2工程目

 

1工程目では、スポンジが水を吸収するが如く、歯が立ちませんでした。

 

2工程目で、ようやくうっすらと飴色に色が付きはじめました。

 

その間に、旧塗膜がある部分は、艶がついていきます。

 

なぜ、こんなに激しい吸い込みをするのか、確かな原因はわかりませんが、

 

コロニアル材は、アスベスト等の混合圧縮材だからかもしれませんし、

 

コロニアル材が、見た目以上に脆弱しているのかもしれません。

 

 

before ミラクシ-ラ-EPO
after ミラクシ-ラ-EPO

下地調整塗装2工程目~下地調整塗装3工程目

 

3工程目で、被膜のサイン、飴色になりました。下地調整塗装完了

 

になります。私の経験上、コロニアル屋根の下地調整で3回塗りは初めてです。

 

塗装の難しいところは、塗ってみないとわからない事が多々あります。

 

私も現場経験は豊富なほうだと自負していましたが、まだまだだと、

 

改めて勉強になりました。

下地調製塗料と作業

ミラクシ-ラ-EPO
ミラクシ-ラ-EPO
ミラクシ-ラ-EPO

エスケ-化研㈱ 2液型弱溶剤マイルドシ-ラ-EPO

 

作業はロ-ラ-工法になりますので、マイクロファイバー製の

 

ツイストロ-ラ-での作業になります。

 

ローラ-を、いつも通りの、たて・横・たて、と動かして

 

塗り込んでいきます。

◎無機塗装 下塗り

before ミラクシ-ラ-EPO
after SPRクリアプライマ-

下地調整塗装3工程目~無機塗装下塗り

 

いよいよ無機塗装の本工程下塗りになります。

 

ここに辿り着く迄、大変というより長かったと言うのが、正直な感想です。

 

でも、安心はできません。上塗り着色1工程目が、どのように映るかが、

 

とても重要だからです。

無機塗装 下塗り塗料

SPRクリアプライマ-

ダイフレックス㈱ 2液型弱溶剤ダイヤSPRカラ-プライマ-

SPRクリアプライマ-
SPRクリアプライマ-

いつも通りの、ロ-ラ-工法になります。

 

作業内容は、いつも通りで、使用するツイストロ-ラ-は、

 

塗料の飛散がとても少なく、作業性抜群なので、はかどります。

テ-プ糊落とし

ディゾルビット
ディゾルビット

今年の夏は、災害レベルの異常気象、猛暑の上の酷暑です。

 

去年までは、コロニアル屋根に貼ったテ-プの糊が溶けて残るなんて

 

考えられませんでした。今回の屋根は、前回水性塗料で塗ってあるので、

 

シンナ-系でお掃除ができませんので、素材を傷めない天然オレンジオイル

 

成分の、ディゾルビットという商品を、ホ-ムセンタ-で購入して使用しました。

 

嘘みたいに、糊だげが剥がれ、塗膜を傷めませんでした。

コロニアル屋根縁切り材

タスペ-サ-

㈱セイム タスペ-サ-02 平板屋根再塗装時の縁切り部材

 

コロニアル屋根の縁切りは、昨今重要視されています。

 

ここ20年、コロニアル屋根の塗り替えの需要が増え、それに伴い

 

塗装による障害というか、雨漏り等の症例が増えました。最悪な例は、

 

屋根の内側の野地板や、構造柱が浸水によって腐ってしまう症例があります。

 

原因は、コロニアル屋根の再塗装時に、重なり部分の段差を、塗膜で塞いでしまい、

 

コロニアル材の隙間から入った雨水等の逃げ道がなくなり、天井のほうへと、

 

浸水していく事です。この様な事故を未然に防ぐ為に、縁切りが重要視され、

 

当社は、タスペ-サ-で対応しています。縁切りしましたと言うより、

 

タスペ-サ-が目視できますので、お客様は安心なされます。

 

 

 

 

タスペ-サ-装着

タスペ-サ-
タスペ-サ-
タスペ-サ-

2階大屋根同様の作業になります。

 

今回は、ダブル工法、1枚のコロニアル材に、タスペサ-2個装着です。

 

 

この記事をもっと詳しく知りたい方塗装工事全般に関するご質問

 

当社が実施している建物無料診断をご希望の方 

 

は、お気軽にお問い合わせください。

手塗りだよ 全員集合
診断中マグネット
看板

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン エラスコ-トで外壁上塗り、コスモマイルドシリコン2で破風塗装 ミサワホ-ム/茨城町

茨城町前田 ミサワホ-ム・パネル工法平屋   外壁をブライトン㈱ エラスコ-トで上塗り2工程目作業   雨戸の裏側にある外壁をエスケ-化研㈱水性ソウトサ-フSGで   下塗りを2工程作業と破風を関西ペイント㈱の2液弱溶剤   コスモマイルド… 続きを読む
new画像

ブログアイコン エスバイエル クリーンマイルドシリコンで外壁仕上げ塗り作業 日立市

軒天に外壁に使う塗料で汚さないように軒天が乾いているのを確認してから布テープじゃなく紙テープにマスキングテープを貼って真っ直ぐなラインが出せるように貼っていきます。 このラインが曲がったりしてしまうと下から見たときにかなり目立って見えてしま… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 菊水化学のシリコンガードⅬを使用して破風板、雨樋等の塗装を行いました。水戸市にて

こちらは破風板2回目仕上げ塗装になります。       材料は菊水化学のシリコンガードⅬ(1液反応硬化型シリコン塗料)を使用しています。       色は(ブラック)になります。 こちらは軒樋2回目仕上げ塗装になります。       同じく… 続きを読む
水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に