水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

那珂郡東海村村松/外壁上塗り(仕上げ)屋根縁切り工法と下塗り作業


I様邸袖壁完了後
I様邸下屋根下塗り

今日も東海村のI様邸のお宅で外壁と屋根の塗装作業です。朝お客様にご挨拶をしてから車を駐車場に止めて慌てずに今日一日の作業内容を確認してから危険余地(KY)活動をしてどこに危険な場所があるか等を再度確認したうえで今日も怪我のない様声掛けをしてから作業を始めました。先日夜に雨の予報がでていたのでバルコニーの袖壁(外側)の仕上げ塗り1回目までの塗装しかできなかったので今日は朝一番に袖壁部分の仕上げ塗り(2回目)を塗りました。今日は霜も降りていなかったので下屋根(1階部分の屋根)のタスペーサーという部材を使って縁切り工法をしました。縁切りとはカラーベスト(コロニアル)の約910mm幅に対して左右15cm位のところに挿入していくことを言います。I様邸では今回で2度目の塗り替えですが前回の塗り替えで屋根の縁切りをしないで塗装してあったのでコロニアルの上下重なり部分が塗料でくっ付いてしまっていたのでタスペーサーを挿入していくのも大変でしたが専用の工具を使いながら挿入忘れがないように全部挿入することができました。縁切りをしないで塗装してしまうとコロニアルの上下重なり部分が塗料で塞がってしまい屋根材の裏側に入った水(雨水)の排出が悪くなり素材や下地を駄目にしてしまったり雨漏りの原因になることもありますのでタスペーサーでの縁切り工法は欠かせません。

I様邸下屋根下塗り後
I様邸付帯部下塗り
水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に