水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

水戸市西原のアパートで窯業系サイディングのシーリング打ち替え


つい先日外壁の塗り替えをさせて頂いた水戸市三湯町のお客様のところで給湯器交換に伴い外壁の塗装が旨くできなかった部分の補修作業をさせて頂きました。

こちらにタンクがピッタリと付いていましたので吹き付けが旨くできなかったのでこのように透けてしまいました。

塗装しない部分をビニール養生をしてから外壁と同じように万能ガンを使ってスタッコ模様に吹き付けで仕上げていきました。

この写真が吹き付け仕上げ完了の写真になります。

模様を周りと同じようにする為、万能ガンの調整を旨くやりながら吹き付けしていきました。

水戸市西原のアパートで既存のシーリングをカッターや電動工具を使って切り込みを入れて撤去してきました。

撤去したときに薄皮のように古いシーリングが残ってしまいますのでそれもしっかりと削ぎ落としていかないとなりません。

撤去完了後、目地部分に沿ってマスキングテープを貼って養生しました。

シーリング充填時に外壁を汚したりせずに綺麗な仕上がりにする為に必ずマスキングテープを貼ってからプライマーを塗ってシーリングを充填していきます。

直接シーリング材を充填するのではなくこちらのオート化学工業株式会社の高性能ウレタン系プライマーを塗布していきます。

シーリング材の性能を十分に発揮させるためにはプライマーもしっかりと塗布しなければなりません。

 

目地底以外のサイデイング材の両側の2面にしっかりと塗っていきました。

シーリング材は、3面接着にならないように目地底部分には接着しないように充填しないとなりません。

 

目地底部分にまでしっかりと隙間無くシーリング材を充填していきます。

目地の中に空気の層ができてしまうと剥離などの原因に繋がってしまいます。

ヘラを使って余分なシーリング材を取りながら平らになるように均していきます。

マスキングテープからはみ出さないように気をつけながら均して外壁を汚さないようにしないとなりません。

打ち替え完了写真です。

屋根の棟板金を押えている釘が浮いている状態です。

釘を全部打ち直しをしていきました。

釘が浮いている状態のままにしておくと僅かな隙間から雨水が浸入してしまい下地を駄目にする可能性がありますので塗装前にしっかりと下地処理をしていきます。

外壁に使用したシーリング材を使って釘頭部にシーリング材を充填していきました。

こちらが完了写真です。

この記事に対するお問い合わせは↓↓をクリックして下さい

(街の外壁塗装やさん)水戸店

シーリング打ち替え作業の記事はこちらになります。

水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に