水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

古河市尾崎でコロニアル屋根の仕上げ塗りと付帯部の破風板の着色作業をしてきました


スーパー遮熱サーモSI

昨日に引き続きこちらのアステックペイントジャパンのスーパーシャネツサーモSIを使いコロニアル屋根の2回目の仕上げ塗りをおこなっていきました

スーパーシャネツサーモSIは、弱溶剤形二液屋根用遮熱上塗材になSIはシリコン樹脂塗料であることを示しているものです

塗料の飛散に注意しながらできるだけ塗料をタップリと塗布して仕上げ塗りしていきました

スーパーシャネツサーモSIは、特殊無機顔料を使用したことにより高い遮熱性を実現するとも言われています

夏場のエアコン使用を抑えることもできますので省エネ・節電・光熱費削減にも繋がるとてもいい塗料になります

こちらが仕上げ塗り完了後の写真になります

今回使用した塗料は、色あせしにくい塗料と言われていますので、長期間に渡り美観を保持してくれる高性能な塗料になります

縁切り部材のタスペーサーも挿入したまま仕上げていきましたので屋根材の重なり部分が塗料で塞がってしまうこともありませんので、雨水などが屋根材の裏側に入ってしまっても抜け道が確保されているので心配ないと思います

関西ペイントの1液MシリコンHGになります 

弱溶剤形アクリルシリコン樹脂塗料です

この塗料を使って付帯部の破風板と雨樋などの仕上げ塗りおこなっていきます

刷毛を使いローラーで塗り切れない部分をしっかりと塗り込んでいきます

 

破風板の下場は軒天側に塗料がはみ出さないように注意しながら塗装していかなければいけません

刷毛を使ってのこの作業を自分の肩幅位ずつ塗りながら破風板の表面をローラーで着色していきます

仮設足場の方には塗料の飛散防止のためメッシュシートも貼ってありますが、隣には大きな駐車場があり沢山の車がありましたので充分に気を付けながら作業を進めていきました

1回塗りで仕上げて終わりではありません

しっかりと乾燥させた後に2回目の仕上げ塗りを予定しております

この記事に対するお問い合わせは↓↓をクリックしてください

(街の外壁塗装やさん)水戸店

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 古河市尾崎でコロニアル屋根の仕上げ塗りアステックスーパーシャネツサーモSI

夜露の影響もあり朝からは屋根の塗装ができませんでしたので雨戸を塗装するため塗料の接着性を高められるようサンドペーパーで目荒らしをおこなった後にダスター刷毛を使い清掃していく作業から始めていきました 周りのアルミ部分は、塗装できませんのでマス… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 笠間市のお宅で外壁着色2回目仕上げ塗装と付帯部塗装を行いました

笠間市のお宅でサイディング外壁の着色2回目仕上げ塗装と付帯部塗装を行いました サイディング外壁目地シーリング劣化の為撤去打ち直しを行い塗装をします こちらは、サイディング外壁着色2回目仕上げ塗装になります   使用材料は、エスケー化研の水性… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 古河市尾崎でコロニアル屋根の縁切り部材挿入と中塗り作業他付帯部塗装

こちらは縁切り部材のタスペーサーを挿入しているところの写真になります タスペーサーは、コロニアル屋根の塗り替えするときには欠かせない部材となります タスパーサーは下塗り後に屋根材910mm幅に対して左右15㎝位のところに挿入していきます こ… 続きを読む
水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に