水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

古河市尾崎で付帯部の破風板と雨樋の着色作業を関西ペイントの1液MシリコンHG


本日も引き続きこちらの関西ペイントの弱溶剤1液型シリコン塗料のMシリコンを使用して付帯部の破風板と雨樋の1回目の着色作業をおこなっていきます

塗料は1液型の塗料になりますが、量りを使いシンナーでの希釈をするときにしっかりと量っていき希釈しすぎなようにし毎回同じ希釈になるようにしていきました

雨樋の方も同じ塗料で着色をしていきました

塗料の付け過ぎで塗料が垂れてこないよう適量を塗布できるように気を付けながら作業を進めていきました

外壁や他の部分に塗料を飛散させないよう常に周りを確認しながらの作業をしました

今日は、1回目の着色が完了いたしましたので、しっかりと乾燥させた後に2回目の仕上げ塗りをして完了の予定になります

破風板と雨樋の両方とも既存色に比べかなり黒いイメージになりましたが塗り残しがやカスレ等がでないよう観えずらい部分まで塗装していきました

こちらの破風板部分は昨日1回目の着色をおこないましたので本日2回目の仕上げ塗りをおこないました

破風板に自分の顔が映る位まで艶がでてしっとりとした感じで仕上げる事ができました

竪樋と外壁の隙間部分は通常のローラーは入らない為、ミニローラーを使い外壁を汚さないようにしながら着色をしました

外壁を汚してしまっても外壁の補修は可能になりますが、汚さないように仕上げていくのがプロの職人技になると思います

裏側にはミニローラーを使い塗装して表面の方は、通常のローラーでムラなく均一に塗装していきます

全体的にミニローラーを使い仕上げていく業者様もいますが、弊社では、ミニローラーは狭い部分を塗装するための物と認識しておりますのでローラーも2種類持ち使い分けをしながら作業を進めていきます

まだま付帯部分の塗装する箇所は沢山ありますので、根気強く作業して納得のいく仕上がりにした上で最後にはお客様にも納得して頂き喜んで頂けるよう最後まで作業をさせて頂きたいと思います

この記事に対するお問い合わせは↓↓をクリックしてください

(街の外壁塗装やさん)水戸店

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 古河市尾崎でコロニアル屋根の仕上げ塗りアステックスーパーシャネツサーモSI

夜露の影響もあり朝からは屋根の塗装ができませんでしたので雨戸を塗装するため塗料の接着性を高められるようサンドペーパーで目荒らしをおこなった後にダスター刷毛を使い清掃していく作業から始めていきました 周りのアルミ部分は、塗装できませんのでマス… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 笠間市のお宅で外壁着色2回目仕上げ塗装と付帯部塗装を行いました

笠間市のお宅でサイディング外壁の着色2回目仕上げ塗装と付帯部塗装を行いました サイディング外壁目地シーリング劣化の為撤去打ち直しを行い塗装をします こちらは、サイディング外壁着色2回目仕上げ塗装になります   使用材料は、エスケー化研の水性… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 古河市尾崎でコロニアル屋根の縁切り部材挿入と中塗り作業他付帯部塗装

こちらは縁切り部材のタスペーサーを挿入しているところの写真になります タスペーサーは、コロニアル屋根の塗り替えするときには欠かせない部材となります タスパーサーは下塗り後に屋根材910mm幅に対して左右15㎝位のところに挿入していきます こ… 続きを読む
水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に