水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

古河市尾崎で付帯部破風板や樋等 バルコニー床の鉄骨部分の錆止め塗布作業をしてきました


こちらはバルコニーの床部分の写真になります

錆が出てきてしまい旧塗膜が剥がれている状態でした

塗膜が浮いていたりするため皮スキをつかい浮いている塗膜を徹底的に落としていきました

かなり力を入れながら浮いている塗膜を削るイメージでケレン作業をしていきます

錆が表面に出てきてしまいお幕も無くなっている部分は、マジックロンを使いザラザラしている錆をできるだけ落とすように鉄骨全体に充てていきます

このままの状態で放って置くと鉄骨に穴が空いてしまうほど錆が進行してしまいますので今出ている錆をできるだけ落としてから新しい塗膜を作り少しでも長持ちするように塗装していきたいと思います

こちらが関西ペイントのエポキシ樹脂塗料下塗り材の弱溶剤2液型エポマリンGXを塗布した写真になります

エポマリンGXは、鉄部・軽金属などへの付着性が優れていると言われていますので、できるだけ塗膜の厚みが付くようにタップリと錆止め材を塗布してきました

鉄扉の方も同じくエポマリンGXを使い下塗り作業しました

灯油タンクも錆止め塗料を塗布しました

錆がでていた訳ではありませんが、錆止め塗料は、錆がでてから塗布したのでは錆の進行を完全に止めることは難しくなってしまいますので錆がでる前に塗布するのがより効果的になります

付帯部の仕上げにはこちらの関西ペイントの弱溶剤1液型シリコン塗料のMシリコンを使い雨樋や霧除けなど幕板部分の1回目の着色を進めていきまいた

外壁部分との取り合い部分のラインが綺麗な直線になるよう刷毛を使い慎重に塗布しリラインを出していきます

塗料の付け過ぎで塗装してしまうと塗布後時間差で塗料が垂れてきてしまうので注意しながら塗りつなぎにも十分に気を付けながら着色していきました

霧除け屋根の部分も同じ塗料で着色しました

この写真が1回目の着色完了後の写真です

来週になりましたら2回目の仕上げ塗りをしていきます

この記事に対するお問い合わせは↓↓をクリックしてください

(街の外壁塗装やさん)水戸店

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 那珂市平野でALCパネル外壁シーリングの撤去・打ち替え作業をおこなってきました

お客様にご挨拶をしてからまずは、エアコンの室外機専用のカバーを被せて養生していきました シーリングの撤去する時シーリングの劣化状況にもよりますが今回は、表面が粉状になっている状態でしたので撤去時に粉が飛散する為、事前にカバーを被せていきまし… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 東茨城郡城里町でクリーンマイルドシリコンで付帯部の着色仕上げ作業をおこなってきました

破風板部分から2回目の仕上げ塗りを始めていきました  使用材料は、エスケー化研の弱溶剤2液型シリコン塗料のクリーンマイルドシリコン塗料になります クリーンマイルドシリコンは、主剤が9に対して硬化剤を1の割合になりますので秤を必ず使用して混合… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 坂東市下出島で窯業系外壁シーリングの打ち替え作業と付帯部の仕上げ塗りをしました

破風板の仕上げにはこちら関西ペイントの弱溶剤2液型シリコン塗料のコスモマイルドシリコン2で着色仕上げをおこないました コスモマイルドシリコン2は、主剤と硬化剤を混合して使用する塗料になる為、秤を必ず使用して主剤と硬化剤を間違えないように混合… 続きを読む
水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に