水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

筑西市蓮沼で軒天(ケイカル板)の仕上げ塗装を水性ケンエースで塗装をしてきました


今回は脚立足場での作業となりますのでまずは建物の周りを確認しながら脚立を設置するため大きな荷物などを動かさせて頂きました

(最後には元に戻すので忘れてしまいそうな時には写真を撮るようにしておきます)

間違って脚立が倒れたりしないようにする為にしっかりと脚立を立てていかないといけません

こちらのインターナショナルペイント株式会社のIPビスパテを使いクギ頭の凹み部分を平らになるよう処理していきます

 

超厚付・超軽量タイプのパテ材になりパテ表面のキメ細かく、美しい仕上がりにすることができます

パテ処理した部分が目立たないようにする為にパテ専用のヘラを使って平らにパテ処理しなくてはいけません

パテ材が団子状になってしまいそのまま塗装仕上げしてしまうと逆にその部分だけ目立ってしまいますので注意しないとなりません

 

こちらは、関西ペイントのアレススーパーホルダーGのチューブタイプになります

中には水性微弾性塗料は入っていて、主に外壁などのヘアークラック処理に使用していてサイディング材の繋ぎ目の隙間を塞いだりにも使用しております

軒天板と見切りの木材部分の隙間にホルダーGを詰めていきました

この隙間は塗料で塞ぐ事はができない為、塗装前に必ずおこなうようにしていきます

隙間を塞がずそのまま塗装すると隙間部分に塗料が入り込みツララ状になってしまい美観的に良くありません

写真の右半分が隙間を塞いでいて半分が塞ぐ前の写真になります

乾燥するのを待ってから塗装作業に移ります

今回の塗装は、軒天以外は塗装しませんので塗装しない部分をしっかりとビニール養生をおこないました

汚してしまうと掃除する作業のほうが大変になってしまったり掃除ができない物もあったりするので養生作業はしっかりとおこなう事が大切になってきます

仕上げ塗装に使用した塗料はこちらの日本ペイントの水性ケンエースを使用しました

お客様と打ち合わせをして白系の色で仕上げることになったので色の調整をおこなってから着色作業をしていきます

ローラーで塗り切れない部分を先に刷毛で塗装した後ローラーで塗りムラや塗り繋ぎに注意しながら1回目の着色をおこないました

1回目の塗装がしっかりと乾燥した事を確認してから2回目の仕上げ塗装をしていきました

この記事に対するお問い合わせは↓↓をクリックして下さい

(街の外壁塗装やさん)水戸店

水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に