水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

サイディング外壁上塗り、ダブルトーン作業をしてきました。


タスペーサー挿入作業に、なります。

タスペーサー挿入

カラーベスト(コロニアル)屋根の、下塗り(下地調整)が終了しましてタスペーサー挿入作業をしました。タスペーサーというのは、屋根からの水などが中に入り込まないための器具になります。タスペーサーを挿入することによりまして、そのまま軒樋まで水が落ちていくということです。

カラーベスト(コロニアル)屋根の、上塗り作業1回目の作業になります。

屋根上塗り作業1回目

タスペーサー挿入後、上塗り作業1回目の作業を進めていきました。目地底などは刷毛での作業を進めて、ローラー作業で塗布していきました。

サイディング外壁の、ダブルトーン作業になります。

ダブルトーン

サイディング外壁の、上塗り作業2回目が終了してからのダブルトーンで仕上げていきます。

ダブルトーン仕上げというのは、目地底と平らな部分(凸部)の色分けをする塗装のことを意味します。塗装する前のイメージをそのままにしての仕上がりを望んでおられるからだと思います。新築時のままを再現したい願いが、強い希望だからだと思います。今は、結構べた塗りの塗替えが多いですが、ダブルトーンもいいものですね。材料は、SK化研株式会社のプレミアムシリコンを使用です。目地底は、ダークグレーで凸部がライトブラウン色になります。

ダブルトーンローラー作業に、なります。

ダブルトーン

ダブルトーンの場合には、ローラーを斜めに動かしながらの作業の進め方になります。なぜかと申しますと、目地底に色がつかないようにするためです。

本日の作業内容は、このようになります。気になる点やより詳しくお知りになりたい方がいましたら、街の外壁塗装やさん水戸店までご連絡ください。家屋の無料診断も行っていますので、重ねてのご連絡をお待ち申しております。

こちらをクリックで、街の外壁塗装やさん水戸店のことが分かります。

こちらをクリックで、翌日の作業内容が分かります。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 那珂市平野でALCパネル外壁シーリングの撤去・打ち替え作業をおこなってきました

お客様にご挨拶をしてからまずは、エアコンの室外機専用のカバーを被せて養生していきました シーリングの撤去する時シーリングの劣化状況にもよりますが今回は、表面が粉状になっている状態でしたので撤去時に粉が飛散する為、事前にカバーを被せていきまし… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 東茨城郡城里町でクリーンマイルドシリコンで付帯部の着色仕上げ作業をおこなってきました

破風板部分から2回目の仕上げ塗りを始めていきました  使用材料は、エスケー化研の弱溶剤2液型シリコン塗料のクリーンマイルドシリコン塗料になります クリーンマイルドシリコンは、主剤が9に対して硬化剤を1の割合になりますので秤を必ず使用して混合… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 坂東市下出島で窯業系外壁シーリングの打ち替え作業と付帯部の仕上げ塗りをしました

破風板の仕上げにはこちら関西ペイントの弱溶剤2液型シリコン塗料のコスモマイルドシリコン2で着色仕上げをおこないました コスモマイルドシリコン2は、主剤と硬化剤を混合して使用する塗料になる為、秤を必ず使用して主剤と硬化剤を間違えないように混合… 続きを読む
水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に