水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

水性アトレーヌ水性トップSGでFRP防水仕上げ塗り作業です。水戸市


G邸防水仕上げ材

こちらの塗料が、バルコニー床防水の仕上げに使用した塗料になります。

アトミクス株式会社の水性1液型防水塗料の水性防水用トップコート・アトレーヌ水性トップSG 遮熱グレーになります。

G邸防水仕上げ材

ローラーだけでは塗りきれない部分は刷毛を使っていきながら塗り残しや塗りムラ・カスレがでないようにしっかりと塗っいきます。

G邸防水仕上げ材

ローラーで塗るときには手順良く仕上げ塗りをしたところにのぼらないように注意しながら仕上げ塗りをしました。

外壁に防水の塗料が飛散しないよう慌てないようにローラーを縦横にムラを切りながら仕上げました。

G邸濡れ縁ケレン

こちらの写真は濡れ縁のケレンをしているところになります。

濡れ縁も経年劣化していた為、表面の塗膜がかなり劣化している状態でした。木部表面の塗膜が劣化しているとガサガサしていてささくれのような感じになっていますので、今回はオビタルサンダーを使ってできるだけ劣化している塗膜を除去していきます。

G邸濡れ縁ベンダー隙間

こちらの道具は、ベンダーと言って主にウッドデッキや濡れ縁の隙間部分の通常の刷毛では塗れない所にしようして塗装していくものになります。

G邸濡れ縁ベンダー隙間

今回使用したベンダーは、大塚刷毛製造株式会社の薄口の両面ベンダーを使って濡れ縁の隙間部分を塗り残しがないよう塗装していきました。

G邸濡れ縁1回目

濡れ縁の着色に使用した塗料は、屋外木部用・高性能木材保護塗料のキシラデコールを使用して着色しました。

キシラデコールは、木材に塗料を浸透させて木材の内側から保護してくれる塗料になります。

1回目の着色をする時には木材に塗料をタップリと浸透させながらカスレがないように塗装します。

G邸濡れ縁2回目

1回目の着色後しっかりと乾燥させた後に同じ塗料で2回目の仕上げ塗りをして完了になりました。

この記事に対するお問い合わせは↓↓をクリックして下さい

(街の外壁塗装やさん)水戸店

昨日のバルコニー防水の下塗り作業記事はこちらをクリックして下さい

翌日のシーリング打ち替え作業記事はこちらです

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 水戸市内のアパートでサイディング外壁の着色2回目仕上げ塗装を行いました。

こちらはシリコン逆プライマーです。 シリコンシーリングの上には塗料が付かないのでペインター20逆プライマーを使用します。 こちらはシリコン逆プライマー塗布です。 シリコンシーリングの上にペインター20を使用しました。 シリコンシーリングは材… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 水戸市大塚町 エスケー化研ソフトリシンでモルタル外壁吹きつけ作業

吹き付け作業をしていく為にまずはサイディング外壁をビニール養生を使って吹き付けした時に汚れないようにガッチリと養生をしていきました。 サイディング外壁の方は塗装完了していますので、布テープを直接貼らずにマスキングテープを貼ってから布いテープ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 水戸市内のアパートで軒天塗装と破風板塗装を行いました。

こちらは使用材料です。 エスケー化研のクリーンマイルドシリコン(2液弱溶剤シリコン塗料)です。 こちらは軒天と雨樋塗装です。 入り組んだ部分は刷毛塗りしています。 使用材料はエスケー化研のクリーンマイルドシリコ(2液弱溶剤シリコン塗料)を使… 続きを読む
水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に