水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > ひたちなか市/コロニアル塗り替え 縁切り タスペーサー工法

ひたちなか市/コロニアル塗り替え 縁切り タスペーサー工法


タスペーサー

屋根の塗り替えする時にまず最初の工程は仮設足場を架けて周りえの飛散防止の為にメッシュシートを貼りその後に高圧洗浄で苔や埃で汚れを綺麗に落としていきます。

より通気性を確保する為にはタスペーサーという部材を使って塗り替えをお薦めしています。

タスペーサー

洗浄後、しっかり乾燥時間を取り、下塗りを塗装する前にとても大事な工程があるのを皆様はご存知でしょうか?

そのまま塗装してしまうとコロニアルの上下重なり部分が塗料で塞がってしまい裏側に入った水分の抜け道がなくなってしまいます。

タスペーサー

写真のように下塗りの塗料を塗布する前に、必ずタスペーサーと言う部材を使いコロニアルの910mmの幅に対して左右15cm位の所に挿入していきます。このように縁切りを行いますと、より通気性がよくなり裏側に入った水分が溜まることなく下地を傷めることもなくスムーズな塗り替えができます。

タスペーサー

元々の縁切りは皮スキやケレン棒・カッター等で、縁切りをしていましたが、これではせっかく綺麗に仕上げたところを歩いて足跡をつけたり傷にしてしまいますし、一度皮スキやカッターで縁切りしても又直ぐに上下の重なり部分が塞がってしまいます。私たち職人としても自分たちが綺麗に仕上げたところを歩くのは気分も良くありませんでした。

縁切りはコロニアルの塗り替え時にはとても重要な工程になりますので是非皆様も覚えといて頂きたいです。

水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に