水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

コロニアル屋根のクラック部分のシーリング補修/水戸店


コロニアル屋根の方はたぶん関心があるとおもいますが、割れてクラックが発生してしまった部分をどうシ-リングで補修工事しているか、今回はひとつの例としてお話します。

今回の症例は、ちょっと酷い例になりますが、10年サイクルでメンテナンスしているお宅ですと、あっても1面に一ヵ所から二ヶ所です。

コロニアル屋根 亀裂部分

コロニアル 補修

コロニアル屋根の経年劣化は塗膜の劣化に伴いコロニアル材に亀裂が発生する部分がでできます。なぜ亀裂が発生するかは前回のコラムで書きましたので省略します。

亀裂の状態は、右の写真のようにだいたい縦に亀裂していきます。

 

コロニアル屋根 シ-リング材専用プライマ-塗布

コロニアル 補修

シ-リング補修の第一工程はプライマ-を塗ります。

使用するシ-リング材の専用プライマ-を塗ります。写真のように亀裂している部分に専用の刷毛でその亀裂に沿ってぬります。

プライマ-とは、接着剤の役割です。

コロニアル屋根 シ-リング補修

コロニアル 補修

シ-リング材で補修した写真になります。

写真の面は南面にになります。今回の屋根は寄棟造りで4面あります。どこのお宅もそうなんですが、一番劣化が酷いのが南面になります。

今回の写真の症例は、ちょつと酷いほうです。これ以上劣化が進行するようですと金属屋根に被せ工事になります。

ちなみに今ですと金属屋根の被せる材質はガルバニュウム材が支流です。

コロニアル屋根 シ-リング補修

コロニアル 補修

この写真はシ-リング補修後の南面になります。

この後、塗装すればシ-リングは目立たなくなります。

 

今回のこのコラムで、もっと詳しく知りたいかた、建物無料診断をご希望の方は、0120-57-4116までお問い合わせください

柳橋 久雄

水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に