水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

ひたちなか市ダイワハウス戸建て住宅・屋根・外壁塗り替え完了


今回で塗り替えが2回目となりましたが、1回目の塗り替えから年数を経て時期的にと言う事もあってお客様から弊社の方にお問い合わせを頂きお見積もりからの今回の工事になりました。

ビフォーアフター

before
arow
arow
after
仮設足場解体後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 シーリング打ち替え 
使用材料
屋根弱溶剤型クールタイトSI・外壁水性クールテクトSI
築年数
18年 17 17
ハウスメーカー
ダイワハウス 
保証年数
10年

仮設足場の設置が完了後、塗装作業に入る前に高圧洗浄機を使って建物全体の汚れを洗い落としていきます。

近隣の方に迷惑にならないように防音タイプの洗浄機を使用していきました。

こちらが屋根の洗浄中の写真になります。

屋根全体に苔が発生していましたので徹底的に洗い落としていきます。

少しでも苔の菌が残っていると又直ぐに苔が発生してしまうので時間を掛けてしっかりと洗浄することが大切になってきます。

こちらが外壁洗浄中の写真です。

前回塗装の旧塗膜が劣化していてチョーキング現象を起こしている状態で粉状になった塗膜を綺麗に洗い落としていかないとなりません。

高圧洗浄は、丸一日かけて建物全体を洗浄していきます。

洗浄後塗装作業前に外壁材のジョイント目地にある既存のシーリング材を撤去して新しく打ち替え作業から始めてきます。

古いシーリング材が残らないようにキッチリと撤去しなければなりません。

シーリングの撤去作業後には目地に沿ってマスキングテープを貼った後、こちらの高性能ウレタン系プライマーをシーリングの接着性を高める為に塗布していきます。

目地底以外のサイディングボードの両側にしっかりと塗布していきます。

 

オート化学のオートンシーラー101NB(ノンブリードタイプ)を使用していきました。

隙間無くシーリング材を充填していきます。

隙間に空気が入ったりしてしまうとシーリングの剥離の原因に繋がってしまうので注意しながらの作業になります。

シーリング専用のヘラを使って平らに均一になるように押さえていきます。

こちらが打ち替え完了後になります。

シーリングの打ち替え完了後には、一週間乾燥をさせてからの塗装作業の工程に入っていきます。

バルコニーの手摺りの養生になります。

工事期間中に手摺りを傷にしてしまわないように手摺りをガードと言う専用の養生テープを使って保護していきます。

シャッターが付いていない窓に関しては塗装中ビニール養生で締め切りになってしまいますが、このようにシャッターは付いているところはシャッターと窓の開閉ができるようなビニール養生をするようにしております。

建物の周りの足元も全部養生していきますが、こちらが玄関前の足元の養生になります。

エスケー化研の弱溶剤2液型反応硬化タイプの下塗り材のマイルドシーラーEPOのホワイトを使って屋根の下塗りをしました。

高圧洗浄時に旧塗膜まで剥れてしまいましたので下塗り材もタップリと塗布していきます。

1回目の下塗り完了後にはこちらの縁切り部材のタスペーサーを挿入していきます。

屋根材のジョイント部分から左右15cm位のところに一ヶ所ずつ挿入していきます。

タスペーサーを挿入する事によって通気性を確保していき屋根材の裏側に入った水分の抜け道を作ることが大事になってきます。

こちらが2回目の下塗り中の写真です。

エスケー化研の超耐久型アクリルシリコン樹脂系屋根用遮熱塗料のクールタイトSIで屋根の仕上げ塗りをしました。

1回目の上塗り作業中になります。

屋根材の上下重なり部分の塗り残しがでないように確認しながら作業を進めていきます。

2回目の仕上げ塗りも1回目と同じ塗り方でムラ無く仕上げ塗りをおこないました。

こちらが仕上げ塗り完了後の写真になります。

水性一液多機能型カチオン系シーラーの水性ミラクシーラーエコを使って天井部分の下塗りをしました。

こちらが天井部分の仕上げに使用した水性コンポアクリルになります

既存の色とは違う為、塗り忘れやカスレ塗りムラに注意しながら1回目の着色をしていきました。

乾燥後、2回目の仕上げ塗りをして完了になりました。

こちらが外壁の下塗りに使用したエスケー化研の水性変性エポキシプライマーの水性クールテクトプライマーになります。

 

こちらが外壁下塗り中の写真です。

水性クールテクトプライマーは、夏季の熱暑から躯体の温度上昇を抑制させるため下塗りで白く塗装していきます。

 

下塗り完了後の写真になります。

外壁の上塗りに使用した塗料もエスケー化研の低汚染・超耐型水性アクリルシリコン樹脂系遮熱塗料の水性クールテクトSiになります。

水性クールテクトSIは、防カビ・防藻性効果もありカビや藻などの微生物による汚染に対して優れた抵抗性を発揮してくれると思いますので、できるだけ塗料をタップリ付けて塗り残しがでないように1回目の着色作業を進めていきます。

左側の写真が2階部分の中塗り作業の写真になりこちらの写真が1階部分の中塗り作業中の写真になります。

1回目の着色完了後、しっかりと乾燥させていき、後日2回目の仕上げ塗りをおこない完了になりました。

気持ち的には1回目より塗膜の厚みが少しでも厚くなり少しでも長持ちしてくれるように仕上げ塗りをしていきました。

付帯部の破風板や雨樋。シャッターBOX等の仕上げに使用した関西ペイントの弱溶剤2液型シリコン塗料のコスモマイルドシリコン2のブラックを使って仕上げ塗りをしていきます。

2液型塗料になりますので主剤と硬化剤を量りではかって混合してから塗装していきます。

付帯部の方も1回塗りでは無く2回~3回塗りで仕上げていきました。

この記事に対するお問い合わせは↓↓をクリックして下さい

(街の外壁塗装やさん)水戸店

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 那珂市平野でALCパネル外壁シーリングの撤去・打ち替え作業をおこなってきました

お客様にご挨拶をしてからまずは、エアコンの室外機専用のカバーを被せて養生していきました シーリングの撤去する時シーリングの劣化状況にもよりますが今回は、表面が粉状になっている状態でしたので撤去時に粉が飛散する為、事前にカバーを被せていきまし… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 東茨城郡城里町でクリーンマイルドシリコンで付帯部の着色仕上げ作業をおこなってきました

破風板部分から2回目の仕上げ塗りを始めていきました  使用材料は、エスケー化研の弱溶剤2液型シリコン塗料のクリーンマイルドシリコン塗料になります クリーンマイルドシリコンは、主剤が9に対して硬化剤を1の割合になりますので秤を必ず使用して混合… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 坂東市下出島で窯業系外壁シーリングの打ち替え作業と付帯部の仕上げ塗りをしました

破風板の仕上げにはこちら関西ペイントの弱溶剤2液型シリコン塗料のコスモマイルドシリコン2で着色仕上げをおこないました コスモマイルドシリコン2は、主剤と硬化剤を混合して使用する塗料になる為、秤を必ず使用して主剤と硬化剤を間違えないように混合… 続きを読む
水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に