水戸市、ひたちなか市、那珂市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん水戸店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん水戸店

街の外壁塗装やさん水戸店

〒310-0823

茨城県水戸市東大野94-2

TEL:0120-57-4116

FAX:029-350-1856

おかげさまで水戸市、ひたちなか市や那珂市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-57-4116

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

桜川市中泉にて、張り替えた床のワックス塗装をやってきました。


 桜川市中泉にて、張り替えた床のワックス塗装をやってきました。

 

 ワックス塗装前

ペンギンルックスワックス塗装前

 今日は、桜川市の中泉にある戸建て住宅の廊下の床木部のワックス塗装をやってきました。

 

 今回使った材料。作業の流れ、様子などを書いていきたいと思います。

 

 廊下床 掃除

床清掃

 まず、ワックス塗装の作業を始める前に大事なのが、「掃除」。

廊下の隅にある細かいほこりや砂ぼこりがワックスの下に入ってしまうと、せっかくワックスをかけてもざらざら状態になってしまうので、隅から隅までしっかりと掃いていきます。

 

床清掃

 そして、ほうきでの掃き掃除が終わってから、「洗浄用シンナー」を使って掃除をしました。

 

 なぜ洗浄用「シンナー」を使うのか。

 それは、例えば、張り替えたばっかりで綺麗な木部。ですが多少は張り替え作業の際に「黒ずみ」がついてしまったりすることもあります。その「黒ずみ」は水ではなかなか落ちず、なおかつ水だと木部の渇きが遅いんです。

 ですが、洗浄用シンナーだと、「黒ずみ」は水よりも手早く落とすことができますし、乾きが水と比べると全然違います。本当にすぐに乾きます

 なので、今回は洗浄用シンナーを使って掃除をしました。

 

 木部 ケレン

 掃除が終わったら今度はサンドペーパーを使って木部をつるつるに磨いていきます。

 

 ワックス塗装中

ワックス塗装中

 そして塗装部分のケレンが終わったらメインのワックス塗装をやります。

 

 使った材料

ペンギンルックスワックス

 今回使用した材料は、ペンギンワックス株式会社さんの「ペンギンルックス (白木 廊下、柱)」という塗料を使いました。

 

 この塗料は水性なので、専用の水性刷毛を使って塗装をやりました。

 

 なぜ今回はローラーを使わないのかというと、「内装塗装」で、非塗装部に塗料が飛散することを避けるために、飛散の確率が低い刷毛を使いました。

 

廊下床 ケレン2回目

 1回目のワックス塗装が終わってワックスが乾いてから再びケレンをしました。

 

 せっかくワックスを塗ったのになんでまた削るようなことをするのか。

 それは今回水性の塗料を使用したことにより、木部の表面が荒れてしまいそのまま、またワックス塗装をすると荒れたままの状態で仕上がってしまい、荒れは一向に直せないので、その荒れをなくしてツルツルにするためにもう一度ケレンをしました。

 

 ワックス塗装 完了

ペンギンルックスワックス塗装完了

 そうして2回目のワックス塗装が終わり、今日の作業も完了しました。

 

 塗ったばかりというのもありますが、表面は綺麗に太陽光を反射していて、ツルツルになっていたので、このワックス作業は終わりです。

 

 本当に綺麗になってよかったです。

 

 こちらの記事に関するお問い合わせ お待ちしております。

 

 街の外壁塗装屋さん 水戸店

 

 (前)水戸市堀町にて屋根瓦の上塗り仕上げ作業をやってきました。

水戸市、ひたちなか市、那珂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん水戸店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-57-4116
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん水戸店に